九州大学水素エネルギー体験学習事業を開催します

 糸島市には、国立の九州大学があります。糸島市では、九州大学と連携し、「「九大寺子屋」「伊都塾」「中学生のための九大模擬授業」など、さまざまな取組を通じて、市内の小中学生の教育に力を入れています。

 そのような中、初めての取組として、糸島市内の児童が、夏休み期間中に九州大学を訪れ、水素エネルギー関連施設の見学、スタッフからの水素エネルギーに関する分かりやすい解説を受けるとともに、簡易な実験グッズを活用した体験学習を行います。

 本事業は、九州大学との連携交流事業の一つで、今年度新たに実施する事業です。

(1) 体験対象者
 糸島市内小学4・5・6年生 120人程度(先着順)
保護者同伴とする。

(2) 日程・場所等
 ①期間:平成30年8月1日(水)・8日(水)・22日(水)の3日間
 ②時間(午前・午後の2部制、各回定員20人、計6回)
     【午前の部】9時30分~11時30分(受付開始9時00分~)
     【午後の部】14時00分~16時00分(受付開始13時30分~)
 ③場所
     九州大学伊都キャンパス内 次世代燃料電池・産学連携研究センター
 ④参加費:無料

(3) 体験内容
 ①九州大学の先生による水素エネルギーのミニ講義
 ②簡易キットによる水素発生ミニ実験(参加者体験型)
 ③水素研究施設の見学(大型燃料電池発電システム、「燃料電池車MIRAI」、研究室など)

(4) 問い合わせ・申し込み先
糸島市 地域振興課 定住・学研都市係
TEL:(092)332-2062 
E-mail:chiikishinko@city.itoshima.lg.jp

http://www.city.itoshima.lg.jp/s006/010/010/010/020/150/090/qunivercity2018.html PDF

一覧へ戻る