池田南(いけだみなみ)行政区(自治会)について

自然・名所・行事・地域の特徴

・田畑、住宅が混在する地域で、JR波多江駅に近い
・7月の「夏祭り」や12月の「餅つき」が盛大に盛り上がる。
・地域の子どもたちへの関心も高く、毎日登校時に小学校まで見守る「みまもり隊」が活動している。
行政区の特徴
地理的特徴
  • 田畑
  • 住宅地
  • 自然が豊かでJR波多江駅も近い地域
    医療関係近くに10ヶ所あり

居住者の割合
  • 新しい住民
居住者の世帯構成
  • 子育て世代
行政区(自治会)役員
行政区長(自治会長) 1名 副区長(副自治会長) 1名
会計 1名 体育委員 2名
交通安全委員 4名 民生・福祉委員 3名
農区長 1名 青少年育成委員 2名
中学生子ども会 1名 小学生子ども会 4名
年間スケジュール

スケジュールのダウンロードはこちらから。

池田南行政区は田畑も多いですが、JR波多江駅も近く交通アクセスも比較的良い地域です。
行事も多く、校区の球技大会や文化祭などがあります。中でも一番盛り上がる行事は7月の「池田いきいき夏祭り」、12月の「池田餅つき大会」です。
夏祭りはバザーなどがあり、子どもたちはもちろん大人も楽しめる行事です。
夏祭り、餅つきは「池田南、池田北」の合同事業で400人ほど人々が集う行事です。
地域の子どもたちへの関心も高く、小学校の課外授業では「六十爺会」という15名ほどの組織で、
昔遊び(こま回し、竹馬、メンコ、竹とんぼ、水鉄砲など)を指導し、さつま芋の収穫体験のお手伝いなどもしています。
毎週月から金曜日までは地域の4ヶ所の交差点で、朝7:30から8:20まで地域の人々で構成される「見守り隊(総動員数約30人)」が子どもたちの総隊員数30名ほどで登校時の安全指導を行っています。
毎年4月初め池田清廉会主催の桜まつり開催300人

マップ(この行政区の情報です)