古家町(こがまち)行政区(自治会)について

自然・名所・行事・地域の特徴

・海が近く自然豊かな地域
・JR筑前深江駅も近くコミュニティバスも通っている
・深江神社の行事を中心に伝統文化を受け継いでいる。
行政区の特徴
地理的特徴
  • 海・沿岸
  • 海が近くにあり自然豊かな地域で、JR筑前深江駅や「糸島市交流プラザ二丈館」にも近い地域

居住者の割合
  • 古くからの住民
  • 新しい住民
居住者の世帯構成
  • シニア世代
行政区(自治会)役員
行政区長(自治会長) 1名 副区長(副自治会長) 0名
会計 0名 体育委員 2名
交通安全委員 2名 環境推進委員 0名
農区長 0名 評議員・代議員 1名
中学生子ども会 0名 小学生子ども会 0名
年間スケジュール

スケジュールのダウンロードはこちらから。

 古家町行政区は、JR筑前深江駅が近くにあります。また、コミュニティバスも利用ができ、学校やスーパーも近くにあります。
 60歳~80代中心のシニア世帯、23世帯で構成された地域です。
 豊臣秀吉公がお茶会を開いたとされる「深江神社」の祭りごと「深江神幸祭」が毎年10月第三日曜日に行われ、地域住民一体となって協力し、伝統と文化を受け継いでいます。
神社から大名行列が繰り出し、海では大漁旗を掲げた漁船が会場を舞うなど、みんなで五穀豊穣大漁祈願をします。

マップ(この行政区の情報です)