新開(しんかい)行政区(自治会)について

自然・名所・行事・地域の特徴

・井田原と稲留の田畑の中に設けられた旧志摩町の町営住宅から始まった。
・行政区内には大きな道路がなく、交通量も少ないため騒音がなく静か。
・小学校や商業施設にも近く生活に便利で、住民はシニア世帯と子育て世帯とが同じくらいの割合。
行政区の特徴
地理的特徴
  • 住宅地
  • 井田原行政区と稲留行政区の田畑の中に設けられた戸建中心の住宅地の地域

居住者の割合
  • 新しい住民
居住者の世帯構成
  • 子育て世代
  • シニア世代
行政区(自治会)役員
行政区長(自治会長) 1名 副区長(副自治会長) 1名
会計 1名 体育委員 1名
交通安全委員 1名 環境推進委員 1名
中学生子ども会 2名 小学生子ども会 2名
年間スケジュール

スケジュールのダウンロードはこちらから。

  新開行政区はもともと田畑を開いて設けられた25戸の町営住宅から始まった行政区で、周囲には田園風景が広がっています。可也校区の中心部に近いので、小学校やスーパーなどへも徒歩で行く事ができる生活環境です。地域内には大きな道路がないため車の通行は少なく、朝と夕方の登下校時に聞こえる子供たちの賑やかな声以外は静かな時間が流れています。行政区は上組・中組・下組の3組から成っており、上組は平地より10mほど高い場所にあります。そこからの田園風景、可也山の眺めは素晴らしいです。また最近は初夏にホタルが多く飛ぶようになりました。
 子ども会では夏はバーベキュー大会、冬にはクリスマス会をしています。 

マップ(この行政区の情報です)