新田(しんでん)行政区(自治会)について

自然・名所・行事・地域の特徴

・田畑が多く、夏は涼しい地域。
・1618年の開拓で開かれた歴史を持つ行政区。
・交通の便も良く、博多駅周辺まで高速バスで約50分でアクセス可能。
行政区の特徴
地理的特徴
  • 田畑
  • 住宅地
  • 川が近く広い田畑を中心に3つの集落で構成される地域

居住者の割合
  • 古くからの住民
居住者の世帯構成
  • シニア世代
行政区(自治会)役員
行政区長(自治会長) 1名 副区長(副自治会長) 1名
会計 1名 体育委員 1名
交通安全委員 3名 環境推進委員 0名
農区長 3名 評議員・代議員 6名
中学生子ども会 2名 小学生子ども会 4名
年間スケジュール

スケジュールのダウンロードはこちらから。

新田行政区は、田畑が多く、代々続く農家が多い地域で、気候としては比較的涼しいところです。
市の花に指定されたハマボウの群落がある泉川には、市内外からの釣り人の姿もあります。
子ども会では、「球技大会」などの行事だけでなく、夏に「田畑の動物調査」なども行い、住んでいる地域の特徴や伝統継承にも取り組んでいます。
自然豊かな一方で高速バスのバス停も近く、九州大学伊都キャンパスまでも車で5分ほどと通勤・通学には便利な地域です。
※「泉川のハマボウ」は、福岡県の天然記念物(植物)に指定されました。

マップ(この行政区の情報です)