岐志浜(きしはま)行政区(自治会)について

自然・名所・行事・地域の特徴

・引津湾に面した穏やかな海の気候と景観が良好。岐志漁港にある牡蠣小屋は福岡県外からも多くの来客で賑わう。
・古くからの住民多く、隣近所がよく声を掛け合うコミュニティが、存在している。
・毎年8月15日に盆踊り仮装大会、カラオケ大会などで盛り上がっている。
行政区の特徴
地理的特徴
  • 海・沿岸
  • 住宅地
  • 牡蠣小屋や姫島行きの渡船発着所がある引津湾に面した漁港の地域。

居住者の割合
  • 古くからの住民
居住者の世帯構成
  • シニア世代
行政区(自治会)役員
行政区長(自治会長) 1名 副区長(副自治会長) 1名
会計 1名 体育委員 4名
交通安全委員 4名 環境推進委員 0名
農区長 1名 評議員・代議員 0名
中学生子ども会 1名 小学生子ども会 1名
年間スケジュール

スケジュールのダウンロードはこちらから。

岐志浜行政区は引津湾に沿った沿岸の行政区で、岐志漁港や姫島への渡船発着所があります。湾内の海は穏やかで、海とその向こうの脊振山系が見渡せます。特に行政区西側の高台になっている伊都ハイランドパークからの見晴らしは、美しいエーゲ海を思わせる景観で、一見の価値があります。
古くからの住民が多く、顔なじみばかりなので隣近所がよく声をかけ合い、人情豊かな地域コミュニティが築かれています。神社の神事や校区の行事にも住民が協力して参加しており、7月に引津小学校で行われる学童相撲大会では、子どもも大人も一体になって練習に取り組みます。8月には漁協センターで盆踊り仮装大会が開かれ、カラオケ大会では歌だけでなく衣裳にも力を入れて大いに盛り上がります。近年は冬に牡蠣小屋が大繁盛し、地域の大切な産業になっています。

マップ(この行政区の情報です)