南本町(みなみほんまち)行政区(自治会)について

自然・名所・行事・地域の特徴

・商業施設が多く、新しいマンションができたことで若い人が増えた。
・行政区レクレーションの「バスハイク」は人気が高い。
・9月の「敬老祝賀会」は子どもたちも参加し、お年寄りとの交流の場となっている。
行政区の特徴
地理的特徴
  • 住宅地
  • 商業地域
  • JR筑前前原駅に近く、商業施設が多い地域。

居住者の割合
  • 古くからの住民
  • 新しい住民
居住者の世帯構成
  • 子育て世代
  • シニア世代
行政区(自治会)役員
行政区長(自治会長) 1名 副区長(副自治会長) 1名
会計 1名 体育委員 1名
交通安全委員 1名 環境推進委員 0名
農区長 0名 評議員・代議員 0名
中学生子ども会 1名 小学生子ども会 2名
年間スケジュール

スケジュールのダウンロードはこちらから。

南本町行政区は、JR筑前前原駅に近く、交通の便が良い地域です。昔からの住民が約5割、新築マンション、アパートへ転入してきた新しい住民が約5割の地域です。
糸島伝説や民話も多く、校区内の老松神社での「山笠」は戦後まもなくから続く行事で、毎年30人ほどの参加者が行政区の山車を担ぎます。
5月に行われる「バスハイク」は毎年人気の行事です。
地域のみんなで子どもを温かく見守る環境があり、下校時間帯にはボランティアで下校の見守りも行われています。

マップ(この行政区の情報です)