宮小路堂山(みやこうじどうやま)行政区(自治会)について

自然・名所・行事・地域の特徴

・地域の多くが深江海岸。
・新興住宅地も含まれるため古くからの住民と新しい住民が半々。
・「深江神幸祭」や「深江川祭り」など伝統と文化を大切にしている。
行政区の特徴
地理的特徴
  • 海・沿岸
  • 住宅地
  • 地域の多くが唐津街道に面おり、「深江神幸祭」など伝統と文化を大切にしている地域

居住者の割合
  • 古くからの住民
  • 新しい住民
居住者の世帯構成
  • シニア世代
行政区(自治会)役員
町内会長(自治会長) 1名 副区長(副自治会長・会計兼任) 1名
体育委員 2名 交通安全委員 1名
環境推進委員 0名 農区長 0名
評議員・代議員 0名 中学生子ども会 2名
小学生子ども会 4名
年間スケジュール

スケジュールのダウンロードはこちらから。

宮小路堂山行政区は、海沿いに面した地域です。夏は深江海水浴場で海のレジャーが身近に楽しむことができ、春は鎮懐石八幡宮のサクラと玄界灘の絶景が楽しめます。
行事としては、豊臣秀吉公がお茶会を開いたとされる深江神社の「神幸祭」が毎年10月第三日曜日に行われ、伝統と文化を受け継いでいます。神社より大名行列が繰り出し、海では大漁旗を掲げた漁船が会場を舞うなど、みんなで五穀豊穣大漁祈願をします。
現在は深江インター交差点近くの広場を花咲く公園にするための取組を進めています。

マップ(この行政区の情報です)