井原(いわら)行政区(自治会)について

自然・名所・行事・地域の特徴

・初夏には蛍が見られ、古代遺跡、伊都歴史博物館がある。
・毎年鯉攻めの事業を開催しており、認知度も高い。
・さまざまな活動で子どもに人との繋がりの大切さを教えている。
行政区の特徴
地理的特徴
  • 田畑
  • 田畑や川があり自然豊かな地域

居住者の割合
  • 古くからの住民
居住者の世帯構成
  • 子育て世代
  • シニア世代
行政区(自治会)役員
行政区長(自治会長) 1名 副区長(副自治会長) 1名
会計 1名 体育委員 3名
交通安全委員 7名 農区長 3名
評議員・代議員 7名 中学生子ども会 22名
小学生子ども会 45名
年間スケジュール

スケジュールのダウンロードはこちらから。

井原行政区は、南に脊振山系の山々が連なり、東西には赤崎川・瑞梅寺川が流れ、初夏には蛍が乱舞する自然豊かな地域です。
古代の遺跡が多数あり、数多くの文化財を収蔵展示する伊都歴史博物館があります。住民は郷土愛や近所付き合いを大切にいており、公民館では懇親会や各種会議、お稽古教室や高齢者向けサロンなどの活動も盛んです。
毎年ため池で鯉攻めの事業を開催し、テレビ・ラジオなどの報道もあり、鯉攻めといえば井原の鯉攻めと認知されています。
お宮を中心とした子ども神輿、行政区の運動会、地域による見守り会や1日・15日が学校の休みの時はシニアクラブと合同のお宮掃除など、子どもに人との繋がりの大切にしています。

マップ(この行政区の情報です)